大腸カメラ

大腸カメラ検査とは

大腸カメラ検査は、大腸全域の粘膜をすみずみまで直接観察できます。また、検査中に組織採取や止血処置などをすることも可能です。
日本では大腸がんの罹患者数が長く増加傾向にあります。大腸がんは早期に発見できれば日常に影響しない治療で完治が望めます。ただし、自覚症状に乏しいまま進行してから発見されることが多く、現在はがんによる死亡原因としても上位を占めています。大腸カメラ検査は早期の大腸がんを発見できる唯一の検査であり、将来がん化する可能性がある大腸ポリープはその場で切除することができます。それによって大腸がん予防にもつながります。定期的に大腸カメラ検査を受けることが、大腸がんの早期治療や予防には効果的です。
大腸カメラ検査は、事前の洗浄液服用、検査への不安から敬遠されることがありますが、当院では痛みや膨満感を起こさないようきめ細かく配慮して検査を行い、楽に受けていただけるようにしていますので、安心してご相談ください。

大腸カメラ検査で見つかる疾患

  • 大腸がん
  • 大腸ポリープ
  • 潰瘍性大腸炎
  • クローン病
  • 過敏性腸症候群
  • 虚血性腸炎
  • 大腸憩室炎

など

大腸カメラを受けるタイミング

  • 40歳以上で一度も大腸カメラ検査を受けたことが無い
  • 親族に大腸がんを患った方がいる
  • 潰瘍性大腸炎やクローン病などの炎症性腸疾患がある
  • 大腸ポリープを指摘された
  • 血便やおしりからの出血がある
  • 便潜血検査で陽性がでた

このような症状がある方は、大腸カメラ検査を受けましょう。
大腸がんは、がんの統計で男女の罹患数が1位となっています。特にここ最近の20年間で大腸がんによる死亡者数がおよそ1.5倍に増加していると指摘されています。大腸がんは、早期発見することができれば体への負担が少ない治療で完治が見込める病気です。前がん病変の大腸ポリープは内視鏡で切除することで将来大腸がんを発症するリスクを抑えることができます。大腸がんの早期発見や予防のためには、定期的に大腸カメラ検査を受けることが重要です。

当院の大腸カメラの特徴

特徴1研鑽を積んだ内視鏡専門医がすべての検査を行っています

当院では、高度医療機関で内視鏡検査や治療の研鑽を積んできた専門医がすべての内視鏡検査を行っています。最新内視鏡システムを使った検査や手術の経験が豊富なことから、高度な技術や深い知識を生かした質の高い検査が可能になっています。患者様の心身への負担を軽減するためにきめ細かい配慮を行っていますので、苦手意識がある方もご相談ください。

特徴2鎮静剤を使用して楽に検査が受けられます

当院では、ウトウトと眠っているような状態で検査を受けていただける鎮静剤を使った検査を積極的に行っています。苦痛や不快感がほとんどないだけでなく、心身への負担なくリラックスした状態で検査を受けられますので、検査もスムーズに進み、短時間に安全性の高い検査が可能になります。鎮静剤を用いた場合、当日の自動車・オートバイ・自転車の運転ができないので予めご了承ください。

特徴3最新内視鏡システム『EVIS X1CV-1500』を導入

当院では、内視鏡分野で長く世界をリードしてきたオリンパスの最新内視鏡システム『EVIS X1 CV-1500』を導入して大腸カメラ検査を行っています。画像処理システムや拡大機能、NBI、デジタルハイビジョンなどの高精細な機能を搭載して、精度の高い検査を行っています。

NBI

オリンパス独自の技術であるNBIは、特殊な波長の紫と緑の光を粘膜表層に照射して粘膜や血管を強調表示させることで、微細な毛細血管や粘膜構造も詳細に観察することができます。がん細胞は、栄養を周囲の血管から補給するために病変の周囲に血管が集まると考えられています。NBIで粘膜の血管を鮮明に移すことで、早期のがんも見逃しなく発見することができます。検査中に見つけたがん細胞は、質的診断と深達度診断による進行度を検査時に調べることができるので、内視鏡的治療・外科的治療の判断が速やかに行えるので、必要に応じてすぐに適切な高度医療機関を紹介することができます。

大型ハイビジョンモニターによる観察

検査時は、スコープに搭載されたカメラでとらえた画像を大型ハイビジョンに映し出して観察することができます。疑わしい部分を、拡大表示させた際も鮮明な画像をモニターに移すことで、検査を行う医師の診断をサポートします。映り込みや反射も少なく、短時間で精度の高い検査を行うことができます。

 

特徴4痛みや不快感を最小限に抑える無送気軸保持短縮法

大腸は大きく曲がっている長い臓器で、形状は個人差があります。また、強いねじれや癒着のあるケースも少なくありません。内視鏡スコープを挿入する際に手探りで進めると腸が圧迫され、痛みや不快感の原因になります。当院では、腸を圧迫することなく内視鏡スコープを挿入できる高度な無送気軸保持短縮法を用いることで、楽に受けられる検査を実現しています。

特徴5検査中に前がん病変の大腸ポリープ切除も可能

大腸がんの多くは放置された大腸ポリープから発生していますので、前がん病変の大腸ポリープを切除することは将来の大腸がん予防になります。当院では大腸カメラ検査中に発見した大腸ポリープをその場で切除する日帰り手術を行っています。これによって、大腸カメラ検査は、検査・治療・予防が可能になります。入院の必要がなくその日のうちにご帰宅できます。

特徴6膨満感を解消する炭酸ガス送気

腸は大きく曲がっていますので、ヒダやシワの奥をすみずみまで確認するために空気を送り込んで腸をふくらませます。従来使われていた空気は検査中から検査後にも長く膨満感が残ってしまいましたが、当院では吸収の早い炭酸ガスを送気する内視鏡炭酸ガス送気装置を用いることで苦痛を緩和し、安全でスムーズな検査につなげています。なお、この炭酸ガスは体内で二酸化炭素になって呼吸で体外へと速やかに排出されます。

特徴7洗浄液服用を院内で行えます

大腸カメラ検査では腸がきれいになっていないと見落としにつながってしまうため、事前準備として洗浄液を服用します。検査前の洗浄液服用はご自宅で行うことも可能ですが、洗浄液の服用自体にご不安がある方、自宅で洗浄液を服用した後に当院までの移動が心配という方も多くいらっしゃいます。当院では、院内で事前準備の洗浄液服用に対応しています。

特徴8横になったままリカバリールームへ移動

鎮静剤を用いた検査では、検査後にしばらくリカバリールームでお休みいただいています。当院では検査室からストレッチャーに横になったまま患者様をお運びすることで、リラックスしたままお休みいただけるようにしています。無理に動く必要もなく、安心してお過ごしいただけます。

特徴9胃カメラと大腸カメラの同日検査が可能

当院ではスケジュールを作るのが難しい方のために、1日で胃カメラ検査と大腸カメラ検査の両方を受けられる同日検査が可能になっています。事前の食事制限なども1回ですみ、お忙しい方でも無理なく両検査を受けられます。

特徴10検査ごとに徹底的な洗浄・消毒を行っています

当院は院内の清潔を重視しており、内視鏡検査でも徹底的な感染症予防にこだわっています。使い捨て可能なものはすべてディスポーザブル製品を使い、使い捨てができない内視鏡スコープや処置具は、内視鏡学会が定めた厳しいガイドラインを遵守し、徹底的な洗浄と滅菌を行っています。検査ごとに洗浄・滅菌済のものをご用意し、安全性の高い検査を提供することで患者様の安心感につなげています。

特徴11洗浄液を飲まずに行う大腸カメラ検査

当院では、洗浄液を2リットル飲むのが困難な方やどうしても抵抗がある方には、ブラウン変法という方法で、洗浄液を飲まずに大腸カメラを受けられるようにしております。

下記の手順にて、検査を行います。

検査2日前

お食事は夕食まで3食、消化の良いものをお召し上がりください。乳製品や繊維の多いもの、油分の多いものは控えてください。

検査1日前

前日もお食事は夕食まで3食、消化の良いものをお召し上がりください。水分の補給には制限がありません。
夕食後に下剤「ラキソベロン液10ml」「マグコロールP50g」を服用していただきます。

当日朝

朝食は抜きますが、水や薄いお茶といった透明で糖分が含まれていない水分の補給は可能です。来院後クリニックにて洗浄液を内服していただきます。

大腸カメラ検査の流れ

STEP01診察にお越しいただきます

便秘などの症状がある方は検査前に診察を一度受けていただきます。大腸カメラを受けるにあたっての注意点や検査食のことなどを説明させていただきます。場合によっては採血などの検査を行います。

STEP02検査前日

前日は、午後8時以降はお食事をとらないようにしてください。水や薄いお茶といった透明で糖分が含まれていない水分の補給には制限がありません。
夕食後に下剤「ラキソベロン液10ml」「マグコロールP50g」を服用していただきます。

STEP03当日朝

朝食は抜きますが、水や薄いお茶といった透明で糖分が含まれていない水分の補給は可能です。

STEP04ご来院

検査着に着替えて検査の準備を行います。鎮静剤を使う検査の場合には、点滴を行い、検査直前に鎮静剤を投与します。

ご注意

鎮静剤を使用する場合、検査後に、自動車・オートバイ・自転車などの運転が禁止されます。鎮静剤使用の検査を受ける場合には、ご自分で運転してご来院するのはご遠慮ください。

STEP05検査

検査の所要時間は10~20分程度です。ポリープ切除や組織採取を行う場合にはもう少しかかります。

STEP06検査後

検査をした医師が結果をわかりやすくお伝えしています。
鎮静剤を使った検査の場合は、完全に覚醒するまでリカバリールームでしばらくお休みいただきますので、その後にご説明となります。
なお、組織採取や大腸ポリープ切除を行った場合、検査結果に数日かかるので再度ご来院いただいて改めて結果をお伝えしています。

検査後、当日は遠出や激しい運動は避けてください。また大腸ポリープ切除を受けた場合には数日~1週間程度、運動、移動などに関する制限があります。

検査費用

  1割負担 3割負担
大腸カメラ検査のみ 約2,500円 約7,500円
大腸カメラ+病理組織検査 約3,000円 約10,000円
日帰り大腸ポリープ切除 約8,000円 約20,000~30,000円
  • 045-489-4703
  • 24時間WEB予約
  • LINE予約
  • LINE予約
TOPへ